第12回理科教育シンポジウム
共に創るニューノーマルの理科教育実習

2021年8月27日(金)10:00〜12:00
オンラインシンポジウム

  シンポジウム動画  

【趣 旨】
教育実習の意義や求められるものは時代と共に変化しています。教育実習を指導する立場にある教員は、多様な学生にどのような実習の場を提供すればよいのでしょうか。またコロナ禍の下、学校では様々な配慮や取り組みを行なってきました。今後、実習生が学ぶべき事柄は、コロナ前と同じではありません。本シンポジウムでは実習校と学生にとって、これからの教育実習のあるべき姿を考えます。


【プログラム】

セッション1
コロナ禍とこれから、学校の将来を見据えて
林 正太(東京学芸大学特命教授) 〈聞き手 宮内卓也〉
セッション2
ポストコロナの観察・実習
村上 潤(東京学芸大学附属小金井中学校副校長)
坂井英夫(東京学芸大学 附属国際中等教育学校副校長)
セッション3
教育実習を指導する教員が高めていくべき資質
川角 博(福井県教育総合研究所先端教育研究センター特別研究員)
宮内卓也(東京学芸大学教授) 〈聞き手 松浦 執〉 

【共催】東京学芸大学 理科教員高度支援センター (ASCeST)
同 特別開発プロジェクト「大学と附属学校が連携した理科の授業づくりの指導を通した教育実習指導教員の資質に関する検討」チーム

シンポジウム チラシPDFはこちら