◆理科の指導力向上研修


 理科教員高度支援センターでは、小学校から高等学校の理科に関わる多様な研修を用意しています。理科の苦手な先生には基礎を固める研修を、理科を得意とする先生には最新の知識とスキルを、どちらも、わかり内容やすく、ていねいに指導しています。以下のそれぞれのサムネイルをクリック(またはタップ)すると、本センターが提供する研修のがご覧頂けます。研修タイトルに記されたのアイコンは、主な対象となる教員を示します。
 研修には室内で対面形式で行われるもの、野外で行うもの、およびオンライン形式で行われるものとがあります。参加費は全て無料です。

※令和4年度の研修は、コロナウィルス感染拡大防止のため、対面で実施する研修のほとんどを定員10名で実施します。詳しくは、研修日程一覧のページ でご確認ください。

理科一般 安全管理 プログラミング 環境 ものづくり 宇宙教育

理科室の安全な管理の仕方と安全な実験方法①-物質の管理法と実験操作-

理科室の安全な管理の仕方と安全な実験方法②-薬品の管理法と実験操作-

理科とものづくり-理科におけるものづくりの役割-

明日から使える教材作りと授業のヒント

顕微鏡のメンテナンスとスマホ顕微鏡アダプターの作成

先生のためのScratch入門

環境変化を理解する指導の工夫ーICTを使った河川環境づくりー

数値シミュレーション入門-放物運動を予測しよう-

魅力的な導入部分をどう作るか 〜主体的な学習へとつなげるために〜

情報通信技術研究の実際と理科教育への応用

中等学校理科教員のための科学的防災学習プログラムの設計

SONYのMESHでIoTプログラミングして遊ぶ

宇宙教育の授業の取り入れ方~宇宙が子どもたちの心に火をつける

感染症の基礎

エネルギー/物理的領域

理科とものづくり-理科におけるものづくりの役割-

振り子の運動

エネルギーのさまざまな形ー手回し発電機を使ってー

電気とエネルギー

魅力的な導入部分をどう作るか 〜主体的な学習へとつなげるために〜

放射線の基礎と霧箱

放射線計測の基礎

生徒の相互作用を重視した物理授業の展開

光の進み方

粒子/化学的領域

ものの溶け方

「物の重さ」と「温度と体積」

水溶液の性質

ものの燃え方

理科室の安全な管理の仕方と安全な実験方法①-物質の管理法と実験操作-

理科室の安全な管理の仕方と安全な実験方法②-薬品の管理法と実験操作-

「溶ける」と「まざる」の違い

電池の化学ーボルタ電池とダニエル電池の理論と実験

燃料電池を題材とした実験

フラーレンC60の化学反応と分離精製

生命/生物的領域

植物野外観察ー標本を作って植物をたくさん覚えようー

昆虫の体のつくり

メダカの飼育と授業での効果的な扱い

明日から使える教材作りと授業のヒント

顕微鏡のメンテナンスとスマホ顕微鏡アダプターの作成

植物の水の通り道-現象の理解と指導のポイント-

ショウジョウバエを用いた遺伝実験

栄養生殖を学ぶ新しい実験教材とその指導法

環境変化を理解する指導の工夫ーICTを使った河川環境づくりー

土壌動物の観察-腐食連鎖という生態系-

身近なものの拡大観察ー「深く学ぶ」ためのヒントー

遺伝子DNAのはたらきを実感する

接触グロー放電による前生物学的なアミノ酸の合成

生物電気の基礎実験

身近な植物の親しみ方ー植物観察のポイントー

野外における動植物の観察~視点を変えて

地球/地学的領域

次の日こども達に話したくなる大地のお話し

地層のつくりとでき方

太陽・月・星の動き

噴火と火山の成り立ち

地質野外観察会-130万年ほど前の東京の自然を復元しよう

天気図で学ぶ天気予報と気象学(台風編)

天気図で学ぶ天気予報と気象学(低気圧編)

ウィンタースポーツのための天気図入門講座

気象予報士に挑戦(低気圧編)

研修日程および参加申込み


◆出張研修について

 東京学芸大学理科教員高度支援センターでは、観察・実験が苦手な小・中学校教員を主な対象として、理科の授業実践に必要な基礎的実験技能の修得を目的として、出張研修を行っています。
 ご自分の学校での出張研修の開催をご希望される方は、以下の申請書を用いて、電子メールまたはFAXでご連絡ください。

申請書PDFファイルPDFファイル

出張研修写真