司書のお役立ち情報


2020/01/24

No.40 消しゴムの「New Owner」募集企画

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
メディアセンターで一番多い落とし物は「消しゴム」です。ここ数年でかなりの数になりました。そこで図書委員に「落とした消しゴムを探しに来る人はほとんどいないし、消しゴムハンコを作るにしてもこんなにいらないし・・・」と話したところ、中1の図書委員さんたちが、「じゃあ消しゴムを引き取ってもらえるような企画をしたいです!」と言い出しました。

何かというと、カバーのついていない消しゴム本体に、色紙でカバーをつけることで見た目を可愛らしくし、新たな使い手=New Owner(ニュー・オーナー)を見つけよう、ということでした。
さっそく図書委員が作りはじめると、次々と他の生徒たちが「え~、可愛い!できたら欲しい!」「これ、予約!」などすでに引き取る気満々です。
生徒の思わぬアイデアに、小さい消しゴムも捨てずにとっておいて良かった、と思いました。
(東京学芸大学附属国際中等教育学校:司書 渡辺有理子)




   
16:11
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
GAKUMOPAC・東京学芸大学学校図書館の本をさがす
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する