読書・情報リテラシー

読書・情報リテラシー
12345
2022/09/06

「リーディング・ワークショップ」の導入から考えたこと

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 2022年4月の学校図書館の日常「テーマ展示」で紹介した「モチモチの木鑑賞ツアー」(過去の記事はこちらから見られます。)の授業者であり本校教諭の小野田雄介先生より、より詳しい授業の内容の他、実践されている「リーディング・ワークショップ」について執筆していただきました。


「リーディング・ワークショップ」の導入から考えたこと
東京学芸大学附属小金井小学校 小野田雄介

 近年「リーディング・ワークショップ」(ルーシー・カルキンズ著『リーディング・ワークショップ』新評論 2010)という、新しい「読むこと」の学びの形が輸入され、注目を集めています。日本では「読書家の時間」(吉田新一郎 他 著『読書家の時間』新評論2014)として実践に取り組んでいらっしゃる先生方も増えてきているところです。 
 「リーディングワークショップ」では、よくある「読むこと」の一斉授業とは違って、子どもたちが読みたい本を選んで読んでいき、教師はそのための支援をしたり、リーティングスキルを明示的に示したりします。
 私は、これまでの「読むこと」の授業のように、みんなで読んでいく楽しさもあると感じているので、「読むこと」の授業を全て「リーディング・ワークショップ」に差し替える形ではなく、部分的に学級に取り入れるという形で取り組んでみました。具体的なやり方等は書籍をあたっていただくとして、ここでは「リーディング・ワークショップ」を取り入れてみて感じたことと、そこから発想した授業実践についてお伝します。

「リーディング・ワークショップ」を導入してみて
 通常、図書の時間は図書館に行って本を読むことが一般的だと思います。しかし、「リーディング・ワークショップ」を実践するにあたって、教室に本がたくさんある環境を用意したいと考え、学級貸出を利用して、常時100冊ほどの本があるようにしました。こうすることで、休み時間や授業が早く終わった時、給食の待ち時間に本を手にする子どもが増えました。また、例えば説明的文章を学習する時には、司書と連携して科学読み物を多めにするなど、ある程度、貸出する本の内容に偏りをもたせることもしました。図書館に行って、自由に本を選ぶことも大切だと思いますが、制限のかかった学級文庫から選ぶことで、普段は手にしない本との出会いもあったと思います。

 「リーディング・ワークショップ」は「ミニレッスン」→「ひたすら読む」→「共有」のサイクルで行います。それぞれの段階で面白さがありましたが、ここでは「ミニレッスン」について紹介します。
 「ミニレッスン」では、リーディングスキルについて教師が明示的に伝える時間です。どのようなスキルを伝えるのかは書籍で示されていますが、「ひたすら読む」の時に一人一人の子どもたちとカンファレンスを重ねていくと、目の前の子どもたちが関心をもっているスキルが少しずつ見えてくるようになり、そこからオリジナルミニレッスンを考えるようになりました。例えば「人物の性格」について、教科書教材や学校生活でのリアルな人間関係において話題になった時期には『となりのせきのますだくん』(武田美穂 ポプラ社 1991)を読み聞かせて、二人の性格について話し合うミニレッスンを行いました。すると子どもたちは、「本の中の人物にも性格ってあるんだな」と学んでいきます。「人物の性格」を読み取ることは、学習指導要領にも示されている内容です。子どもたちの関心が、学習指導要領の内容のどこに引っかかってくるかが感じ取れるようになると、ミニレッスンが組み立てやすかったです。もちろんこのことは、教科書教材を用いて一斉授業をする際も同じなのですが、「読むこと」の授業は学期に2教材ほどしかなく、日々の子どもたちの関心を素早く捉えて授業にすることには向いていません。その点、ミニレッスンは10分ほどで終わるので、こまめに教材化することができます。思いついたら図書館に行って、自分の構想に合う本を司書さんに何度相談したことか…(本当に感謝です!)。でもそうやって、教科書ではなく、先生が選んできた本で行うミニレッスンは、手作り感があって子どもたちも楽しんでいたように思います。それに加えて、ミニレッスンで読んだ本は、その後も学級の共通話題となることが多くありました。教科書教材で学習している際に「『となりのせきのますだくん』みたいにさあ…」と言うだけで、「人物の性格」という学習内容が想起される、という感じです。学習用語単体だけで記憶するよりも、絵本の内容とともに記憶される方が、より生きた力になるように思いました。

09:56
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
GAKUMOPAC・東京学芸大学学校図書館の本をさがす
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する