学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2023/12/18

「高校図書館職員が選ぶ生徒に読んでほしい本」 開催!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 第10回「高校図書館職員が選ぶ生徒に読んでほしい本投票のお願い

                      市 川 学 園 野間  太
                      豊島岡女子学園 高司 陽子
                      東京都立国立高校 平井 孝明
                      福井県立福井商業高校 山内 裕美
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
長く続いたコロナ禍も一応は終息を見せ、学校を含めて世間は以前の平穏な日常に戻りつつあります。先生方の学校も日常の行事や企画が久しぶりに再開、通常運営に戻ってきているのでは無いでしょうか?そして2014年より始めましたこの企画、「高校図書館職員が選ぶ高校生に読んでほしい本」投票も次回で記念すべき「第10回」を迎えることになります。各校図書館職員の皆さま、日頃よりのご参加、ご協力ありがとうございます。また前回、第9回に於いては46校・63名の方々にご投票頂きました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。
https://www2.u-gakugei.ac.jp/~schoolib/htdocs/index.php?action=pages_view_main&block_id=113&active_action=journal_view_main_detail&post_id=1252#_113
さて今回も紀伊國屋図書館新宿本店アカデミックラウンジでの開催を予定しておりますので、前回同様POPも同時募集させて頂き、展示に備えたいと思っておりますのでご協力をお願いします。
毎回申し上げておりますが、これは1位の本を選ぶことだけでなく、より多くの本に触れ合う機会を作ることを目的としており、生徒の近くにいる私たちにしかできない投票だと思います。
 皆さんの選んでくださった本を、今後の読書指導や購入計画に利用できると思いますので、1冊でもご協力を頂けますようお願いいたします。

1 対象の本 2022年12月から2023年11月末までに発行された本 
      (ジャンルは問わないが、単行本を文庫化したもの、コミックは除く)

2 投票者  高校図書館に勤務する方
(※2以外の方の投票は「枠外」として別途一覧にまとめます。)

3 投票期間 1月31日頃までに、「高校生に読んでほしいと思った本」を推薦してください。

4 集計方法 1位―3点、2位―2点、3位―1点で集計。

5 その他 
①対象時期以外の図書、文庫化された本、マンガなどは別枠で推薦してください。
② 皆さんのご自身のことばでのおすすめメッセージも一緒にお願いします。(一言でもOKです!)
③  紀伊国屋書店での展示等に使うPOPを書いて頂ける方方はPOP欄に〇を付けてください。2月中旬頃にハガキぐらいの大きさで、PDFかJPGデータで下記担当に返信をお願いします。
④ 参加者に限り、参加者の学校名を共有させていただきます。(ポスターや図書館だより等、印刷媒体への学校名の掲載については別途、投票用紙上でお聞きしています。)
                     野間 太 <f.noma@ichigak-net.ed.jp> 
2023高校図書館本 投票用紙.xlsx

2022第9回「高校図書館職員が選ぶ生徒に読んで欲しい本」結果(23投票用).xlsx
11:32
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2024/01/12

……かもしれない?

Tweet ThisSend to Facebook | by 長友(主担)
 「自分がこうだと思っていたものは、実は違うのかもしれない」
 ふとした瞬間にちいさな違和を感じたり疑問を抱く気がします。お風呂に入ってぼんやりしている時間や、眠りに落ちる少し前だったり、階段を上っているとき。自分は実は地球人ではないのかもしれない、とか、魔法が使えるかもしれない、明日の自分はネコかもしれない、とか。どこか哲学めいた答えのない疑問から、ほんとうは答えがわかっているはずのささいな事まで、いろいろ考えてしまうときというのは誰にでも一度はあるように思います。




「りんごかもしれない」(ヨシタケシンスケ,ブロンズ新社,2013)
  ある日学校から帰ってきたら、テーブルの上にりんごがおいてあった。……けれど、この「りんご」は本当に「りんご」なのか?りんごじゃないかもしれない。そう思った主人公はこのりんごかもしれないものについて考え始めます。




 他人が聞いたら笑い飛ばされてしまいそうな突飛でくだらない発想でも、疑い、考えるという行為は大切なことだなと思います。世の中は思い込みの間違いや「かもしれない」の可能性であふれています。この「かもしれない」という可能性はある意味無限大とも言えます。このりんごがどんな「かもしれない」を秘めているのかはぜひ本を読んで確かめてみてください。あるいは、自分で可能性を広げてみるのも楽しいかもしれません。


(東京学芸大学附属小金井中学校 司書 長友春陽)

13:43
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2024/01/12

襷をつなぐ、思いをつなぐ

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)

今年の箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)は創設100周年の記念大会でした。通常開催よりも3校多い23校が出場し、往路と復路の2日間をかけて各校10人が襷をつないで走りました。今やお正月の風物詩ともいえる大会ですが、まったく関心がない人から見れば、2日間ずっと学生が走っているだけとしか見えないかもしれません。ではどうして100回もこの大会が続いているのでしょうか。その歴史を紐解くことができるのが、こちらの本です。
『伝説のオリンピックランナー“金栗四三』近藤隆夫(汐文社 2018年)

この箱根駅伝という大会を100年以上前に思いついたのは、日本人として初めてオリンピックに出場した金栗四三です。しかし初めからマラソンランナーを目指していたというわけではありません。四三は“体を強くしたい”と徒歩(陸上競技)部で走りはじめたことをきっかけに、“もっと速く走りたい”と強く思うようになります。やがて走る才能を開花させた四三は、ついにオリンピックへの出場を果たすのです。

帰国後の四三は、日本のマラソンを強化するために、大学対抗の駅伝レースを思いつきました。その競技が今日まで続いている箱根駅伝へとつながっていきました。

 


22:08
12345

広報(お薦め本)


2023/10/05

読書バリアフリーを進めよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by 宮崎(主担)
 7月に発表された芥川賞で、難病当事者である市川沙央さんの小説『ハンチバック』(文藝春秋)が受賞したのを機に、読書バリアフリーへの関心が高まっています。難病で紙の本を持つことが難しい市川さんは「読書バリアフリーが進むことを望んでいる」と話していましたね。
 2019年に「読書バリアフリー法」が施行されてから、図書館では、大活字本やLLブックを備えるなど、障害のある人への合理的配慮が少しずつ進んでいますが、まだまだ一般には知られていない読書のバリアフリー。今回は、ちょうど時期を同じくして出版された、読書バリアフリーの本を2冊紹介します。


『読書バリアフリー 
  見つけよう! 自分にあった読書のカタチ
(読書工房/編著 国土社 2023.7 978-4-337-28950-5)
 この本は、はじめにそもそもの「読みやすさ」「わかりやすさ」とはどういうことか、とても分かりやすく説明しています。自分は困っていないと思っていた人にとっても、自分にとっての読みやすさとはと考えるヒントとなるでしょう。そのうえで、読みやすくするための道具や、点字絵本、LLブック、オーディオブック、電子書籍など、様々な種類の「バリアフリー図書」を紹介しています。障害当事者の読書コラムも理解を深めるのに役立ちます。
 全体に、大きな字で、カラー写真やイラストも多くて読みやすく、障害当事者や子どもたちにも理解しやすい作りとなっています。
14:43

レファレンス

レファレンス
12345
2024/01/11

鏡餅はいつ食べるもの?日本の冬の行事を知りたい

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

3学期が始まって早々、「お正月はどうすごしたの?」という雑談のなかで、3年生の女の子に「鏡餅っていつ食べたらいいものですか?」と聞かれました。海外にいた期間が長かったので、日本で冬を過ごすことも、お正月を迎えることも初めてなのだそうです。「『鏡開き』って言って、食べる日があるのよね。確か、1月の15日ごろだったかな・・・」と、曖昧な知識で会話を繋ぎつつ、まずは総合百科事典ポプラディア 4/POPLAR ENCYCLOPEDIA/かか きそ』(ポプラ社、2021)を開きます。

”鏡開き”の項目では、「1月11日におこなうことが多いが、4日や7日、20日におこなう地域もある」(p.15)とありました。すぐ下の”鏡餅”の項目も読み上げて、「家代々の繁栄を願うダイダイ、腰が曲がるほどの長寿を願うイセエビ、「よろこぶ」に通じるコンブ・・・」(同上)のところで、司書が思わず「それぞれに意味があることは分かっていたけど、詳しくは知らなかったな。"代々"にかけて"ダイダイ"なんだね。"ダイダイ"であることに意味があるから、適当に"みかん"をのせちゃダメなんだ」と呟くと、面白がってくれた様子。いつ鏡開きをしようか、という計画も、日程が具体的になってきたようでした。ポプラディアの記述だけでも、知りたかったことはだいぶわかったようですが「日本の、こういう行事とか、風習については、まだ本があるんだよ、見る?」と誘うとのってきてくれたので、NDC:386の棚へ誘導しました。


21:24
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2024/01/10

地図を楽しもう

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 本校では、「地形図のある学校図書館の増設プロジェクト」のモニタリング調査に参加し、地形図をお借りしています。多くの児童に見てもらえるようにメディアルームの廊下に地形図を掲示しました。
  昭和34年と平成15年の地図を昭和50年と令和元年の航空写真を掲示し、「世田谷小学校を探してみよう!」と呼び掛けています。長机の地図は、自由に開いてみられるようにしています。

14:45
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
GAKUMOPAC・東京学芸大学学校図書館の本をさがす
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する